Posted by at

2012年11月29日

犠牲

練習に行くにはさまざまな犠牲が必要。
競技志向でやってる方は当たり前のお話。

だから
頑張って来た。無理して来た。何とかして来た。
当たり前。
自分は頑張ってる。
無理して来た。
すべては自分の為でもあって
来てる以上はいかなる理由があれ
差はない。
どんなすごい理由で来てても
練習する時間と内容はみんな一緒だから。
あとはその犠牲にしたことを
無駄にしないようにすることだけじゃないかな。
来ることに満足してないかい?
無理して来たことに俺頑張ってるなんて自己満してないかい?
あくまでもそれは事前のお話。
練習始まれば
関係ないよ。
そして犠牲にしてる内容がそれぞれでも
犠牲にしていることをプレーで気持ちで
返す姿勢を見せよう。
必ず伝わるから。

と、たまーに書いてみました。
ほんとは12月から書こうかと思ってたけど
あまりにも時間を作る努力を惜しめない人が多すぎて・・・w
食う寝る遊ぶは確保したがり
仕事やフットサルの時間をそこから削ることはできないという
エンジョイ志向では
勝てるものも勝てないね
技術が山P選手ぐらいあれば。
レベルが九州リーグあれば。
いいかもしれんけど
底の底のにいて結果もでてるのに・・・
メンタル的なことも話していかないと
伝わらないのかな~
言われてすることと
自らするすること。
どっちが伸びるかなんて一目瞭然。

それを伸ばす努力をするのは
こっちの仕事。
でも来なければどうしようにも・・・ね。  
タグ :フットサル


Posted by 監督 at 10:28Comments(0)監督のひとりごと