Posted by at

2014年10月12日

決して番狂わせではない

大会も大詰めを迎えようとしてる中、

ある意味計算外?
通称『ジャイアントキリング』が連発している。

周りからみれば
勝手に予想し
勝手に分析し
勝手な判断で予想と違えば
番狂わせと言う。

でもよく考えて。

負けるときは
負けるべくして負けるんだから。

大きく左右されるのは
大半が心の隙間だろうけど。
いわゆる傲り(おごり)でしょ。

狂った歯車は
どこで修正できるのか。
それが試合の醍醐味であって
トーナメントの面白いところなんやけどw

流れを変えるタイミングは
基本的に
メンバー交代。
タイムアウト。
攻撃または守備。
この3つからなのかもな

明日までの大会。
そんなことを少しでも考えながら
試合観戦すると
また違った観方で面白いかもww


  


Posted by 監督 at 20:44Comments(0)監督のひとりごと