2014年11月25日

自己満足


先日の試合。
少ないながら勝てました。
僅差で(笑)
すべては10月のとある大会の前から着々と進めてきた戦略。
とはいえ、当日まではメンバーはわからないんやから何とも難しい戦い方だったけど。
そして、選手のミスが少なければ冷静でいれば
大きく負けることはないと確信できた。
あとは戦況において相手をリスペクトして戦えるか。
見下してた相手や終わってからいろいろ言ってても負ければ一緒。
『次やったら勝てる』や『あいつがおれば』
次勝っても今勝てなかったら意味ないじゃん。
あいつがいないことを想定して試合組めなきゃだめだし
一人で試合するわけじゃないんやから。

そのあとの試合でも
それをしっかりと痛感できましたw
チームの指揮を執る人間(ここではあえて監督ともコーチとも選手ともとれますが)が

いかに冷静にコントロールできるか。
相手をリスペクトできる人間であること。

プレーするのは選手
考え、支持を出す人が指揮者
結果を出すのは選手
内容に満足するのが指揮者

選手は
上手いのであってセコイわけじゃない。
真剣だからであってわざとじゃない。
勝ちたいのであって壊したいわけじゃない。

審判は
ジャッジするのであって偏見はない。
誤審はあって絶対ではない。
4人でやってるわけであって2人だけではない。

指揮者は
常に冷静でなければらならない。
自分の判断を信念を貫く努力がいる。
相手をリスペクトできなければならない。(審判に対しても)

こんなことをここ2試合で感じましたw
勝った時って指揮者や自分の中での采配に
満足するしかないじゃん?
だってプレーして実際に守って攻めては選手だしw
それを判断してくれるのは審判でしょ。
そーなると指揮者は自分の中でしか
戦術や戦略はわかってもらえないから
自己満足しかないわけw

まーそれは
同業者にしか分からないw
でもそれがわかりあえた時は最高に楽しいw
これが言いたかっただけっす(笑)
さる!ありがとね!  


2014年11月01日

結婚式

手タレ?

先日、メンバーが結婚しました。

桜坂の協会。


食事は観山荘


見晴らしのいいところで座敷のなかにイスと机。
非常に上品で食事のおいしさにびっくり。

とまあこんな結婚式もいいなと思いながらの食事でした。
目の前に新郎新婦がいるなかでの食事なんてなかなかないからねww

呼ばれることが多くなってきた昨今。
昔と違うのは
衣装ぐらいで
やり方、中身は大きく変わってないよね~。
その辺は斬新なことはないのかな。
結婚式の新しい形や若者がもっとしたくなるようなアイデアが
でてくると面白いんやけどな~

一昔前みたいに
仲人なんかはみかけないけどねw

  


Posted by 監督 at 22:28Comments(0)監督のひとりごと